洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

服を汚さないで着るには?
 おはようございます。
今日のブログの担当は、東京都府中市のクリーニング屋さん、工藤がお送りします。





梅雨に入りじめじめしてきました。
今年は雨も割と多いようで、濡れたスーツがクリーニングに持ち込まれることも増えて来ています。
そんな梅雨もあと少し。
後半月もすれば猛暑がやってきますね。
今年も何とか乗り切りたいところです。(笑)




服は着るとどうしても汚れます。
そんな、私は汚さないよ!と言う方、たまにいらっしゃるんですが、それは気付いていないだけ。
わきの下に汗のシミがあったり、袖口が汚れていたり、全体的に薄汚れていたり、確実に汚れているものなんです。



汚れていないよ、と言うのは目立ったシミがない、と言う事なんだと思います。





汚れたら洗ってきれいにするのが一番なんですが、そもそも汚さないで着る事は出来ないのか?と思う人もいると思うんです。
まったく汚さないで着る、と言う事は不可能ですが、汚れがつかないように着ることは出来るんですよ。





まず、着数を多く持つこと。




一着もしくは数着を間隔を短く何度も着てしまうと汚れが溜まりやすいですし、傷みやすくなります。
スーツなら1シーズン7着から8着を着まわし、時折休ませてあげることで汚れが付きにくく、傷みにくくなります。



また、Yシャツなどは糊付けがとても大事になってくるんですね。
糊付け、固くするためにつけていると誤解している消費者の方が多いんです。
ですから、最近はYシャツの糊抜きをご依頼されるお客様が増えています。


駄目なんですよ、のりを抜いちゃ。
糊を何でつけるか?と言うと、汚れ付着防止のためなんです。
のりをYシャツに全体的にコーティングする事で、のりの表面に汚れを付着させ、洗ったときに糊と一緒に洗い流してしまおう、と言うものなんですね。



糊をつけるのとつけないのとでは、汚れ具合と傷み具合が段違いで違います。




下着をきちんと着ることも大事。


たとえば、昔の人はズボンの下にズボン下ももしくは股引と呼ばれるものを常に着用していました。
どうしてか?と言うと、汗や皮脂などの汚れをスーツに付かないようにするため。
こうしてなるべく汚さないように着ていたスーツは30年も着ることが出来たんです。





これらは、別に新しい事でも最近発見された事でもありません。
昔からある話、先人の知恵なんです。
いつの間にか面倒くさくなったり、きちんと伝えられなくて、忘れられたりしてきてしまいましたが、とても大事なことだと思います。



なるべく汚さないように着る。



昔の人は衣類をとても大事に扱っていたんですよね。





そして、汚れを落とすときはクリーニングでしっかりと洗う。





これも、また昔の人の知恵。
こうして、長く着用していったんでしょう。








今年もまた、節電がやってきます。
暑い夏、汗などの汚れも目立つでしょう。
そんな中でも、なるべく汚れないように着ていただき、きちんと洗って、来年もそのまた次の年も着ていただけるとうれしいなと、思います。




クリーニング屋さんは服をきれいにする仕事を通じて、消費者の皆さんの衣類のケアを担っています。
衣類に関するご相談はぜひお近くのクリーニング屋さんへ。
親身になって相談してくれると思いますよ。




スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック