洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

クリーニング店のご利用をお勧めします。
こんにちは。
洗濯の扉の、来晴(らはる)です。

先日一般消費者である友人から私宛に質問メールが届きました。
家庭洗濯とクリーニング店の違いについて、の質問です。

友人の許可を得ましたので私の回答と併せて掲載したいと思います。
長文ですが是非お付き合いください!

(友人)
>おこんばんわ! 


(私)

おはようございます!


>衣替えの季節。

某役所でスーパークールビズなんて言ってるけど本当にあそこまで軽装にしてもいいのか?すこし疑問を感じる。

お役所が節電のためにあそこまでスタイルを崩すのはどうかなぁ?って思っています。 

たしかに室温28度。

外気温が上昇すればまたそれなりに設定温度を上げるようにしているみたいですが・・・ 


ほんとスーパークールビズって涼しそうなネーミングですよね! 

去年はボタンダウンの襟元も全体デザインデザイもおしゃれなワイシャツを 

沢山クリーニングしましたよー。 


>話はころっと変わって、

冬から春にかけて着ていたスーツを入れ替えようとしています。 


ふむふむ


>スラックスって洗濯はたいていドライクリーニングって記載されていますよね 。

昔、テレビの教養バラエティー番組で見たことがあるんですけど。

ドライクリーニングって生地に液剤がしみこませず生地の表面を活性剤で綺麗にする手法らしい。

ティッシュペーパをドライクリーニング液につけても形が崩れずボロボロにならない実験がなされていました。 


ティッシュペーパーの実験ご覧になられたのですね!

ドライクリーニングでも生地や繊維にに液はしみ込みますよ

生地や繊維に対して物理的な影響を与えないということです。 


>背広の場合は裏地との兼ね合いもあって下手に水で洗うと生地が縮んでカタチが崩れるんですよね。

ってことでドライクリーニングで洗うことを推奨するのは理解できるんです。

ですが雨に濡れた場合や初夏の暑さに耐え切れず汗を含んだ状態になると思うのです。

雨の中に含まれている細かい泥などの汚れや汗に対する皮脂系の汚れはどのようにして落とすのでしょうか? 


はい、ドライクリーニングをお勧めする理由を良くご存知ですね!

ドライクリーニングの溶剤そのものは物理的に生地に影響を与えません。

そして実は皮脂や食べ物のシミの油性成分や排気ガスに含まれる油性の成分を分解する力があるんですよ。

では逆に汗や泥などの水性成分をどうやって落とすのか?

それはドライの溶剤に生地にダメージを与えない程度の水性汚れを落とす成分をブレンドして洗っているんです。

更に生地に張りと柔らかさを復元させるための成分もブレンドしています。

ですから大抵の汚れはドライクリーニングコースで落ちますのでご安心を。 


>テレビで見たようなことだったら生地を痛めないように大事にするのはわかります。

けれど服にしみついた汚れは二度と落ちないってこと? 

(うーん、ここはテレビCMで広告している衣類消臭剤のお世話になるべきなの?謎) 


但し長期間クリーニングに出されませんと汗や汚れやシミが繊維にこびり付きます。

繊維を傷めるのを早める原因となります。

汗がこびり付いている場合はオプションの汗抜きコースをお勧めする場合もあります。

もちろんクリーニングのプロは水洗いでも生地にダメージを与えず風合いを損なわい技術は持っています。

そしてそれなりの技術コストが必要となります。

ちなみにワイシャツの繊維は水に物理的に強いですから基本水洗いします。

もちろんシワになり易いのでそこはプロの仕上げの見せ所です。

但し逆に皮脂がこびりついている場合はドライクリーニングを併用する場合もあります。

衣類の消臭剤は臭いの成分を糖類物質に閉じ込めるんです。

だから洗わないとその糖類物質と汚れは衣類に付いたままなんです。 


>あと石油系ドライと普通のドライとはどこがどう違うのか?

も ご教示いただけませんか? 


石油系といってもアルコールとハイオクの中間のようなサラッとした溶剤です。

ボタンやプリント素材に対してダメージが少ないんです。

だからデリケートな衣類には特に石油系の指示がつけられているんです

手間はかかるんですがプロからすると小回りが効きます。

工業部品の洗浄にも使われるパーク系という溶剤もあります。

石油系と指示されていないものならパーク系で洗えます。

他にシリコン系、代価フロン系、オレンジオイル系の溶剤を使用している

クリーニング店があります。


>んでもって、毛糸やウール類を洗濯する洗剤をつかった水洗いとの根本的な違いもお願いします。 

え”?これだけの情報は洗濯屋ぎょーかいの技術力流出につながるので教えられないって? 

そんなこと言わずにお願い!! 


家庭用のドライマーク洗剤はドライクリーニングではありません。

水洗いです。

繊維にダメージが少ないような成分で作られていますが。

やはりご家庭ですとそれなりに洗浄とアイロンを含めて時間コストがかかりますよね。

それに品物によってダメージのリスクはあると思います。 


そして後日。。。

友人から返信が届きました。


>感謝しております。 

結論・・・・背広などはドライクリーニングで対応 

生地にダメージを与えないように皮脂などの汚れも取ってくれる。 

自宅で洗ったら生地にダメージを与える覚悟を持った上。

洗いあがったものについてアイロンがけをかける手間を考える。

ドライクリーニングに出すコストとの比較でどっちがメリットがあるか。

その判断をすることになるわけですね。 

アイロンかけはタオルなどの当て布を当てる必要もあるし。

これって結構手間がかかるんですよね。 

(裏生地部分に高温のアイロンを当てると失敗するし。) 

来晴さんが近かったらクリーニングをお願いするんですけど 笑 

またオフ会しましょ・・・・


という訳で

今日のブログをまとめるまでも無いですね(笑)


皆様、是非クリーニング店を活用されて、

良き週末をお過ごし下さい!





スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック