洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

ズボンが破れた原因は?
 こんにちは。東京都府中市の工藤がお送りします。




先日、フェイスブックをやっている友達の所に、こんな質問がありました。




友人のスーツが破れてしまった。
こんないい生地が一年で固くなるなんてありえない、いいクリーニング屋さんを紹介してあげてくれ。




友達のスーツが破れてしまい、クリーニングが原因だと思っている様子。
はたしてどうなんでしょうか?




その後、コメントにいくつか返信がつきまして、クリーニング屋さんが何が原因か話し合っていました。





ある人は、クリーニング屋さんが悪いのかも、といいます。
汚れをきちんと落としきれないと、生地が固くなる恐れがある、との事。
固くなれば何かの拍子に破れる可能性もぐっと高くなりますから。
リーズナブルな料金でやっているクリーニング屋さんの中には全部汚れを落としきれていないところもあるようです。



またある人は、消臭剤を使っていませんか?といいます。
あえて商品名は出しませんが、今はやっている消臭剤の中には、繊維を固くしてしまうものがあります。
スーツのお手入れ、と称して、帰ってきたらハンガーに吊るして、消臭剤を吹きかけて陰干しをする、それが正しいメンテナンスだとやっている人がいらっしゃるようなんですね。


ちなみにこの方法、間違いですので。(笑)
やっている皆様、お気をつけくださいね。


またある人は、スーツのデザインも関係あるのでは?といいます。
最近のデザインはタイトなものが多く、ふとした瞬間にテンションがかかり破れてしまう事があるんだ、とおっしゃるんですね。




さすがクリーニング屋さんの集まり、スーツのズボンが破れたといってもその原因になりえるものをいくつも出してきます。
どうしてそうなるのか?原因が分かると言う事は対処法も知っていると言うこと。
やはり、クリーニング屋さんは衣類のプロなんですよね。




さて、ここで僕の見立てを一つ。
僕が気になったのは、一年で固くなってしまった、と言うくだり。
もとが柔らかい生地なので固くなるのにもいくつか原因があります。
コメントを読んでいると、ももの辺りが固いとか。


この時点で、クリーニングで固くなったと言う線は消えました。
クリーニングでは乾燥機など熱をかける事があるのですが、あまりに柔らかい生地だとこの熱で縮んでしまう事があるんです。
縮むと言う事は固くなる、と言う事。
もし、クリーニングが原因で固くなったと言うのなら一部分にだけそういった症状が現れることはありません。
出るときは全体に出ます。



でも、クリーニングが関係していない、とも言えない、
最初の人がいったように、汚れを落としきれていないと、汚れが溜まり、固くなる事があります。
最近の人はズボン下は履きませんから、汗や皮脂の汚れはそのままズボンに付くことに。
それを落とせていないと、ももの部分だけ固くなる可能性があるんです。


また消臭剤も可能性はありますね。
男の人が気になるのは股間からももの辺り。
この辺り、集中してかけている人、多いんじゃないでしょうか?



これくらいかなあとおもっていたらもう一つありました。
それは、前回洗ってからどれくらい着用されていたのか?と言う事。
昔と違い、今はあまり洗わない人がいらっしゃいます。
もし、このスーツ、一年ほど洗っていなかったとすると・・・・・、汚れで固くなっているというケースも十分考えられます。
汚れも、生地を固くする原因の一つ。
定期的にクリーニングをおすすめするのも、汚れが付いたままだと生地が固くなり傷みやすくなるからなんです。



おそらく原因は、これらのうちのどれかだと思われます。
後は、現物を見させてもらえれば、大体絞れるんではないかな、と。



何でもかんでもクリーニングが悪いと言うわけでもないんですよ。




クリーニングが原因で起こるもの、素材が原因で起こるもの、着用および保管中に起こるもの、原因は多岐にわたります。
すべての可能性をを否定せず、原因を究明できれば、いいスーツも永く着ることが出来るようになると思いますよ。



おかしいな?と思ったら、近くのクリーニング屋さんに相談してみましょう。
まずは、そこからです。



スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック