洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

色の出るもん

どうもにんにちは。洗濯の扉ブロガーのよねちゃんです。

衣類の色が出たり移ったりするトラブルは様々です。

それは服の問題だけではなく、
保管・着用・気候・洗濯・クリーニングなど
様々な条件・原因が絡んでいますので

一概に何が原因とは言いにくいのです。

ただその問題が噴出する時は
やはりクリーニングや洗濯の時が多いんです。


なので、洗濯の時に色が移ってしまって
どうにかしてほしい…とクリーニング屋さんに
持ち込まれ、

クリーニングの際に色が出てしまい
クレームの対象になったり、、、

どちらにしても、
この問題を多く目にしているのは
クリーニング屋さんなんですね。


色移りを取って喜んで頂いたり

色が移って怒られたり


どちらも経験いたします


そのため、事前に問題が起こりそうな
品物については説明をさせて頂き、
正しい保管方法や着用の仕方、
など、色々とアドバイスさせていただくのです。


もちろんメーカーさんは色々と試験などを経て、
色が出ないようにたくさんの努力をされております。

ただ、これだけ大量生産の衣料品が出回ると
その中には問題のある製品も世に出てしまう
ことも起こると思います。


先日、ご依頼頂いたセーターはそれ以前の
問題でした。



まず、ドライクリーニングをするように
書かれてますね。


でも、手で繊維をこすっただけで…



このように手が青くなりました


ショップに返品交換を…
アドバイスさせて頂きましたが、
お客様はこのセーターをとっても気に入って
おられましたので、とにかく洗って何とか
してほしいと…。

もちろん、アンダーシャツには
色が付き、ズボンにまで色が付いてしまった
らしいのです。
ショップに聞くと、店員さんも
たたんでいる際に手に色がついてしまう
とか
なんとか…。

まず色が出るのを前提に作られた
製品っていうのはどうなのか…と思います



とにかくこれを単品で一度ドライクリーニングで
洗ってみます。すると
溶剤の色がこんな風になってしまいました。



この溶剤を綺麗にするまでに
私たちクリーニング屋さんは多くのコストと時間を
かけます。

クリーニング屋さんってほんと苦労してるんです


専門用語で
色が移ったりすることを
「色泣き」
と言います。

色移りによって、泣いているのは色ではなく
我々、クリーニング屋さんかもしれませんね…。




スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする