洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

トップクラスの技術で春の準備
全国のクリーニング屋さんがつづるブログ「洗濯の扉」をご覧の皆さん、おはようございます。
本日は横浜のクリーニング屋、伊藤が担当です。

3月も中旬過ぎになりましたが、まだまだ寒い日が多いですね。
三寒四温という言葉がありますが、寒い日の3と暖かい日の4、この割合になるまでまだ少し掛かりそうです。
それでも季節は間違いなく移り変わり、梅の開花をあちらこちらで見かけるようになりました。



梅と言いますと私は台湾を思い起こします。
梅の花は、台湾の国花なんですよね。
日本政府的には台湾は【国】として認めてないのですが・・・(笑)
先日の東日本大震災の慰霊祭の時も、台湾代表者は二階の経済関係者席に座らされて、献花すら出来なかったそうです。
今回の震災に対する世界中の義援金の中で、台湾の皆さんからのお金が桁が違うほどダントツで一番だったというのに。
日本人としてちょっと恥ずかしい出来事でした。

そんな台湾や香港など、日本と同じ東アジアに属しながらも沖縄よりはるかに南で暖かいという印象の国々にも冬はあります。
さすがに雪こそ降りませんが、冬の平均気温は5〜10度ほど高いハズです。
ですが、現地の人たちからすれば寒く感じる日が続くのですね。
当然、皆さんダウンやコートなど日本の冬と同じスタイルで生活されています。

地球温暖化と言われていますが、今年の冬は逆にどこも寒かったのでしょうか・・
1月に香港に行きましたが、寒さに慣れているはずの私でさえ、旅行カバンの奥に押し込んであったダウンを着込みました。
冬の香港は今回で3度目でしたが、あの寒さは初めての経験でしたね。
現地の人の感じる寒さは、私以上だったでしょう。

着る機会が多ければ、汚れる機会も当然増える。
今年は特に、冬のある国のクリーニング屋さんは春になったら大忙し間違いなし!ですね。(笑)
その中でも、日本にお住まいの皆さんは大変にラッキーです。
なぜならば、日本のクリーニング技術はアジアでも一番でしょう。

今、中国を初めとする東アジア各国の経済が発展して、同時にクリーニング需要も拡大していますが、こぞって日本の技術を求めます。
洗剤・シミヌキ剤・洗う機械にプレスする機械、すべて日本製がトップクラス。
あまりの優秀さに、世界的には知名度が高くユーザーも多い海外メーカーの機械も、日本には入ってこられないという、ある意味「ガラパゴス化」すら起こしています。
今年の春は、お気軽に世界のトップクラスの技術をご利用くださいね!





スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2012/03/17 7:48 PM