洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

資格も色々。繊維も色々。
資格マニアの来晴(らはる)です(笑)

リレーブログ洗濯の扉の、今回のテーマは、受験・試験です。

受験生の皆さん、親御さん、就職活動中のみなさん、
毎日がんばっておられることと思います。
受験生の皆さんは前日は早めに休んで十分睡眠をとって本番に備えてくださいね!

前もって試験会場に足を運んだり合格した人の話を聞いて
合格したい気持ちを盛り上げるのもいいと思いますよ。

参考書だけでなく、授業や、新聞や、雑誌やテレビ。
普段から色んな所にアンテナを貼るだけで案外答えが転がっているものです。
答えが転がってるといってもカンニングの勧めではないですよ(笑)

さてさて私は、
日商簿記2級、普通二輪、クリーニング師、危険物取扱者、繊維製品品質管理士、
初級シスアド、それから食品衛生責任者(笑)・・・
と、いろいろ資格免許を持っています(汗)

それから地元西宮の手話通訳認定試験なんていうのも受験した事がありますよ。
おかげさまで最近はクリーニングの仕事が忙しくて、
また一から試験を受け直さなければいけないのですが(爆)
それでも聴覚障がい者の人がお店に来てくださるのは嬉しいことです。

衣類の素材は様々で、洗濯絵表示にも書いてありますが、
綿、シルク、麻、ポリエステル、レーヨン、ナイロン、ポリウレタン、
など様々ありますね。

聴覚障がい者の人も聴こえるレベルは様々で、
生まれつき聴こえない人、幼児期や成人後に失聴した人、難聴の人、と様々です。
コミュニケーションの方法も手話以外にも色々あります。
ジェスチャーや筆談で通じる事もあります。

衣類もそれぞれ素材によって扱い方が違うのと同じように
聴覚障がい者とのコミュニケーション方法も様々。
そういう意味ではクリーニングも聴覚障がい者との関わりも似ているのかなあ
と思ったりしています。

それが高じて繊維製品品質管理士という資格も取得しました。
アパレル業界の人たちと連携して繊維製品の品質向上を目指す資格です。
衣類のケアのスペシャリストであるクリーニング師の代表として
勉強会に参加したいと思っています。


毎日仕事で着る衣類はよりしっかり企画されたものを作って欲しいなと
アパレルのみなさんに期待しています。
ファッション性の高い衣類ほどデリケートなので消費者の皆さんには
お洒落をして出掛けられる時は気をつけて着用してほしいと思います。
もちろんいつまでも長く着用して頂くために
洗濯やクリーニングでの衣類のケアは大切です。
汚れの付着は繊維の大敵ですからね!




スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする