洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

京都の着倒れ、大阪の食い倒れ、江戸の飲み倒れ
 本日は京都在住のYossanがお送りします

ご当地ネタで盛り上がってますこのブログ
BOSSの大阪もいいですねぇ〜
私もたまに行きますが楽しい街です

負けないように京都もお伝えします(^o^)
京都と言えば何は無くとも寺社仏閣
高校の時は美術系だったんで
何かと言えば寺社仏閣、修学旅行もなく2泊三日で
各地の寺社仏閣ツアーなんてのもありましたが

当店の近くにもご多分に漏れず寺社仏閣、沢山ございます
中でもお勧めは当店より徒歩10分の下鴨神社
正式には”加茂御祖神社”(かもみおやじんじゃと読みます)
有名なのは”葵祭”、”御手洗祭り(みたらしまつり)”、”やぶさめ”、”蹴鞠はじめ”等々
お祭り毎に海外からもたくさん観光客が見に来られ
大変賑わいます

その世界遺産に指定された下鴨神社敷地内に”糺の森”という
森(と例えてもいいぐらい広い場所です)があります。

あらかじめ言っておきますが、この下鴨神社のある場所は
山の麓でも無く、市街地の真ん中です

そうですね、ニューヨークのセントラルパークを
想像して頂くと近い物があるかもしれません
地図の上方真ん中あたりのグリーンの部分

そしてその場所なんですが、京都市の地図を見て頂くと一目瞭然なんですが、
北東から流れ込む”高野川”、北西から流れ込む”賀茂川”
それが糺の森の少し南側でYの字で合流し”鴨川”となります
ここで同じ呼び名の”かもがわ”の字が変わるところもポイントです

高野川と賀茂川に挟まれたデルタ地帯にある
糺の森なんですが、実はパワースポットで有名なんですよ

日曜の朝なんかに散歩していると、何とも言えぬ力をもらえます
皆さんも機会があれば、是非”糺の森”一度訪れて見てください、
運が良ければ高野川沿いに下ってきた
野生の鹿が糺の森に遊びに来ているところと遭遇できるかもしれませんよ

話題は変わりますが、”京の着倒れ、大阪の食い倒れ、江戸の飲み倒れ
と言う言葉、みなさんも聞いたことがおありだと思いますが

京都の人は着物道楽が過ぎて財産を失う、大阪の人は美食で、東京の人は旨いお酒で
という江戸時代からの地域性を表した慣用句なんですが

ご多分に漏れず京都の人は洋服(着物)が好きですね
最近は元気がありませんが、まだまだ着物文化が根強いからか
いい物を大事に手入れして使い、長く着ると言う気持ちも
他府県に比べて強いような気がします

この前も当店のお客様で、気に入って着られてる毛皮のベストの裏地のシルクが
擦れて傷んでいた物を、これまたお手持ちの
気に入って着ていたけれど所々すり切れたりして傷んでいる、
でも表側の毛皮は全く問題無い状態
なので、もう着なくなったご自身のシルクのワンピースの大丈夫な部分を使って、
毛皮ベストの裏地を作り直しすっかり新しくなり、又大事に着る
そういうことが京都では普通にされています

クリーニング店はそんな”着倒れ”をお手伝いしています
洗ってシミや汚れを落とすだけでなく、リペア、リ・フォーム、リ・ボーンまで
そしてリ・ユースして長く愛情を持って着る
これこそエコであり、本当の”京の着倒れ(着倒し)”ですね(^o^)

又機会があれば京都のすてきな場所をご紹介したいと思いま〜す

明日はぼりぼりさんです、どんなご当地自慢が出るんでしょうか
お疲れ気味のぼりぼりさ〜んよろしくお願いしま〜す(^^)/




スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -