洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

ネイルサロンにて。
JUGEMテーマ:日常
 

 

本日の【洗濯の扉】担当 カジコ です。

 


私事なのですが、今年の夏からネイルサロンに通っています。

 

・・と書きだすと、ネイリストに優雅に手を委ねる姿を

想像していただけたかもしれませんが、実際はかなり違いまして(笑)


机の角に激しく指をぶつけてしまったことがきっかけで

爪を作る組織を痛めてしまい、定期的に爪のリペア(補強修理)を

する必要ができてしまったことにあります。

 

久しぶりのネイルサロン通いのために、まずはお店に予約電話を

しようとしたのですが、夏のせいか希望の時間は予約でいっぱい。

 

十数件、電話をかけてようやく対応していただけるお店を

みつけまして、行ってみると、ある光景にビックリ。

 


ずらっと並んだカウンターのお客様が・・全員男性。

 


男性も肌のお手入れをする時代ですが、

女性限定とされるお店もある中、男性のお客様率がとても高いお店

だったようです。

 

最初は男性の中に混じってお手入れ受ける雰囲気が不思議でしたが

ネイリストさんやお客様同士の会話も弾むお店で、いつしか来店日が楽しみに。


 

ある日も、隣同士になった男性の手があまりにもきれいだったので、

「手を気遣うお仕事をされているのですか?」と話しかけたら、

「そうですね。手を通じてお客様と会話をする仕事です。」とのこと。

 

看護師さん?整体師さん?と職業を当てようとしたらどれもハズレ。

クリーニング関係の工場でお仕事をされているとのこと。



・・当てたかった(苦笑)。

 


クリーニングは、衣類の状態や生地の特性に応じた処置をするために

様々な専門的工程を組み合わせておこなう仕事。

それゆえ、目で多角的に確認する作業も大切にされていますが、

手で衣類に触れた『感覚的な情報』もとても大事なのだそうです。

 

 

その話を聞いてからは、クリーニング屋さんとお話しする機会があるたび

自然と仕事をされる手に注目するようになりました。

 


手に気を配っておられる方・・多いです。

 


先日もハンドケアの話を受付でしたら、

就寝中は専用の保護クリームと手袋をしているという話を聞きました。

角質を柔らかくするハンドマッサージの方法まで(^^)

 


クリーニング屋さんは専門的なお仕事ですが、人とのつながりが密接な
こともあり、話題や情報がとても豊富な方が多いです。

 


これからは乾燥や手荒れのおこりやすい季節。


クリーニング屋さんで衣類のお手入れ相談と合わせて

ハンドケアの情報交換、というのもいいかもしれませんね。


スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック