洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

捨ててしまえば変わる。
 どうも横浜のイフクリです。

どうでもいいんですが、
日本には四季があって、春夏秋冬と1年に4回も季節が変わるので
もしかしたら、日本人は洋服を所有している数が他の国の人よりも圧倒的に多いんじゃない??
なーんて事をクルマを運転しながらボーっと考えてました。


実際どうなんでしょう?

「オレ、私、あまり洋服買わないからさー」って言っている人。
家中の自分の衣類を集めたらビックリしますよ(笑)



先日、こんまりさんこと近藤麻理恵さんをTVでたまたま拝見しまして、
すぐ影響され行動したくなるイフクリは・・・
知っている方もご存じのとおりフェイスブックで呟いてみたりとウズウズしていたのですが、
そのTVを観た数時間後に、まず家中にある自分の衣類を一か所にかき集めて、
「ときめき」があるモノを残すという決断方法?でほとんどの衣類を捨てました。


その量、ビックリですよ(笑)
自分の衣類だけでなんとゴミ袋15袋分ですよ?
オレ、なんでこんなに服持ってたんだ?!と。


私、結婚して、子供が産まれてから洋服なんてほとんど買った記憶がありません。
でも知らぬ間にたまっていくんですよね。インナーとかTシャツとか。
服には流行り廃りがあるのでチョットしたデザインがダメだったり、
色が年齢と合っていなかったり、いつか着ようとタグが付いたまま
仕舞ってあったり。



でも15袋捨てた後なのですが不思議なんですよねぇ。


残った洋服たちを大事にしようと思ってきたり。
残った洋服たちにアイロンをかけたり(笑)

自分の洋服のクリーニングなんて後回しだったのが、
コレ洗っとかないと気持ち悪い!みたいな気持ちになるんです。


嘘だと思うならやって見てください。心も軽くなりますよ(笑)


こんまりさんの宣伝じゃないですからね、素直な感想です。あしからず。



JUGEMテーマ:日常



スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック