洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

クリーニングとは・・・
はじめまして!sentakuoujiこと、洗濯アドバイザーの中村祐一と申します!
本日より、このリレーブログに参加させていただきました。
どうぞよろしくお願いいたします!


初めて書くので、今日は自己紹介とクリーニングに対する僕の思いを
書いてみることにします。




僕は、現在長野県の伊那市というところで、
祖父の代から続く、家業のクリーニング店を営んでいます。

また同時に、広く一般の方に向けて、洗濯のアドバイスをさせて頂いており、
これまでに累計で1000人以上の方へ、洗濯アドバイスをしています。

テレビや雑誌にも時々出させて頂いて、
元モー娘のメンバーなどにも、アドバイスをしたことがあります。


そんなこんなで、いつのまにか、
「洗濯王子」とニックネームがついてしました。


(このブログを書くと決まったら、IDもsentakuoujiにされました。。。。)


(王子と自分で言っているわけでなく・・・)


(周りが勝手に・・・なので・・・・)


(こいつ自分で王子とか言ってるよとか言わないでいただければと・・・笑)








とまぁ、こんな感じで、僕は現在活動をしています。



でも、正直に言うと・・・
僕は、クリーニングが好きで好きでこの仕事を始めたわけではありませんでした。 

家がクリーニング屋だったからというのが、一番大きな理由だったように思います。
 

ところが・・・

この仕事をはじめてみると、自分がキレイにした衣類を見て、お客様が喜んでくれて、感謝をし
てくれる仕事だ気づいたんです。


シミや汚れをキレイにということは、一見簡単なように見えて、実はとても奥深い。

シミの種類だけではなく、色や素材、経過した時間などを考慮して、
一番いい方法を見つけ出していかないといけません。
 

時には、思ったように落すことができずに悩んで、夜寝られないことさえあります。
 

それでも、苦労してキレイにした衣類を見て、お客様が感謝をしてくれる。

その時ほど、この仕事をやっていて良かったと思うことはないですね。
 

クリーニングっていう仕事は、単に衣類をキレイにするだけでなく、
それによって人に感動を与え、かけがえのない大切なものを守る仕事だと僕は思っています。
 
 
僕らの仕事は・・・

代わりの効かないアイテムをトラブルから救ってあげられる仕事だから、


病気を治してくれる、お医者さんにだって負けません。


僕らがキレイにすることで作った感動は、ディズニーランドにだって負けません。
 
 


他の職業に比べても、やりがいのある仕事だと思いますし、



この仕事ができることに僕は誇りを持っています。





今日は、自己紹介とクリーニングに対する思いを書いてみました。



ちょっと最初の投稿から長々書きすぎたかな??(笑)
 







明日も新メンバー!!

クリーニング業界で一番読まれている業界新聞を
発行している新聞社社長でありますsekiさんです!

業界の裏の裏まで知り尽くした情報の一端が、垣間見れるかも!?








スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック