洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

熱中症の予防をしましょう!


お元気ですか。カジコです。


今週は曇り空となりそうですが、梅雨の気配はどこへやら、6月から真夏日が続いています。

 

 

ところであなたは、熱中症予防されていますか?

 

 

熱中症とは、高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調整機能がうまく働かないことにより、体内に熱がたまり、筋肉痛や大量の発汗、吐き気、倦怠感などの症状が現れ、重症になると意識障害などが起こる症状をいいます。

 

昨年の夏も猛暑が続き、熱中症による健康被害が数多く報告されたのは記憶に新しいのではないでしょうか。

 

そして、今年の夏は、みなさんもすでに報道等でご存知のとおり、電力供給の問題から節電への取り組みがおこなわれます。
エアコンなどの使用抑制がおこなわれることとなっており、熱中症への対策は、より重要な課題となりそうです。

 


これから本格的な夏と熱中症のピークを迎えるにあたり、ぜひ周りの方々と声をかけあいながら、予防をおこないたいものです。

 

 

ここで熱中症の予防方法を改めておさらいしましょう。

 



1
こまめな水分と塩分の補給をする。

 

暑さというのは、人によって感じ方が違います。特に暑さに慣れた頃が要注意。体調の変化に気づきにくい場合がありますので、意識して予防をこころがけましょう。


特に小さな子どもさんやご高齢の方は、あまり暑さを感じてなかったり、のどが渇いていないと感じておられる場合でも、意識して水分補給をされるよう、周りの方も声をかけながら見守ることも大切な予防となります。




2
暑さをさける取り組みをする。

 

熱中症は高温多湿な環境条件と、個人の体調の影響が組み合わさって発生する場合が多いので、熱中症になりにくい環境の確保と体調に合わせた取り組みがそれぞれ必要です。


今年は特に節電を意識するあまり、エアコンを使わないなどの極端な対策をおこなうと、健康を損なう恐れがありますので、体調に無理がでないように温度調整をこころがけると良いと思います。ホームセンターなどで売っている遮光シートやカーテン、すだれなどを利用したり、ゴーヤなどの栽培を兼ねてグリーンカーテンを作るのもいいですね。


また、体調管理の取り組みとして、日傘や帽子、通気性や吸湿・速乾性のある衣類を着用したり、保冷剤や冷却グッズを上手に利用するのも方法です。
こまめな休憩も忘れずに。

 


 

3 緊急避難所をつくっておく。

 

これは、万一、屋外で気分が悪くなるなどの緊急を要する場合に、水分補給や涼しい場所への避難が出来るよう、地域の方と協力をしながら呼びかけあうというものです。


例えばお店。大きな道路に面したスーパーなどもそうですが、ご近所でより身近な飲食店、理容店、美容店、クリーニング店など、緊急時に避難できる場所として協力をお願いしておくと心強いと思います。特に子どもさんの通学路などを中心に呼びかけあうといいですね。

 

また、避難所としての確保だけでなく、生活に密着したお店では、専門店の視点から夏を乗り切る様々なアイデアや商品を提供されていますので、熱中症をキーワードにお店の方と会話をされてみるのもいいかと思います。

 

たとえばクリーニング店でしたら、お手持ちのワイシャツなどに加工を施して快適に着用できるような方法もあるそうですし、冷却グッズなどについても情報を収集されているクリーニング屋さんがたくさんありますので、上手な利用方法を教えてくださるかもしれません。

 

ちなみにクリーニング屋さんの工場は、夏場40度を軽く超えてしまうそうです。暑さをしのぐ専門家でもありますので、ヒントをたくさんゲットしてみてくださいね。

 



困ったときはお互いさまの精神で、この暑い夏、乗り切っていきましょう。

 

 


▼熱中症への予防やくわしい情報はこちらをご参考ください。

 

□熱中症予防声かけプロジェクト
 
http://www.hitosuzumi.jp/

 

 

 

・・・・・・・・・・


本日の担当は カジコ でした。

 

【洗濯の扉】では、つながる縁を大切に育てる、ちょっぴりユニークな?面々が、さまざまな視点から発見の扉をひらいていきます。

 

明日は着々とダイエットが進行中☆の噂、ヨコハマのイフクリさんです。

 


スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック