洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

クリーニングと魔法で笑顔に!!

こんばんは。神奈川県の「のだちゃん」こと、
白栄ランドリーの野田和都詞です。

今回のお題は、「イベント」ですよね。

そこで、今、私の地元、
大和市と綾瀬市のクリーニング屋さんで
「クリーニング感謝祭」ということを企画しているので、
そのことを書こうと思います。


今の世の中、不況という厳しい時代といわれています。
昨年は、東北大震災も。。。。。つらいですよね。

そこで、以前から、何か出来ないかと考えていたのですが、

私たち、クリーニングをご利用いただいているお客様に、
喜んでいただけることは出来ないかなと。

笑顔がたくさんある、楽しいこと。。。。。

そこで、思い出したのが、以前見に行ったことのある
魔法使いアキットさんのマジックショー。

子どもから、大人まで笑顔になれるものはこれではないかと企画いたしました。


感謝祭ポスター



タイトルは、

「クリーニング感謝祭」

クリーニング店を利用して家族に笑顔を!
大和市でマジックショーを開催。


3月11日(日)午後1時から
大和市渋谷学習センター2階の多目的ホールに
150名をマジックショーにご招待致します。

ショーご覧になるためには、招待券が必要です。

どうすれば招待券が手に入るかというと、
2月1日(水)〜2月29日(水)の期間中に、
参加店舗が決めた対象商品や、クリーニング代金によって、お渡しいたします。

クリーニング感謝祭のブログ
http://cleaning929.cocolog-nifty.com/blog/



参加している店舗は、ブログを書いていますから、
以下のリンク先をご覧になってくださいね。

白栄ランドリー 大和市福田1-15-2 046-267-1052 野田和都詞

 山村クリーニング 大和市福田1578-18 046-267-7165 山村勝

 会津クリーニング 大和市つきみ野5-9-15 046-275-1633 渡部一雄

 たかはしクリーニング 綾瀬市深谷中7-11-20 0467-78-7532 高橋幸弘


がんばろう東北!!

上記商品の売り上げの一部を、日本赤十字社を通じて、
東日本大震災で被災された方々へ寄付させていただきます。


今回の活動は、
神奈川新聞社「カナコロ」
http://bazaar.kanaloco.jp/event/67319/
地域情報誌「タウンニュース」大和版と綾瀬版
http://www.townnews.co.jp/0401/2012/02/24/136473.html
http://www.townnews.co.jp/0406/2012/02/24/136430.html
生活情報誌「リベルタ」大和・相模原版に掲載されます。
http://www.liberta.co.jp/
そして、今週、地元ラジオ局「FMやまと」さんの
11時から「ブリージング・スカイ」番組内の
「あなたのお店紹介しまSHOW!」にて告知と出演いたします。
http://www.fmyamato.co.jp/




それでは、最後に、日時と、場所をもう一度書きますね。

平成24年3月11日(日)
場所 IKOZA(イコーザ) (小田急江ノ島線高座渋谷駅徒歩1分)
大和市渋谷学習センター2階多目的ホール

時間 開場 12:30  開演 13:00から

出演、魔法使いアキット
長野県出身。4歳でマジックに出会う。国内ではめずらしく大道芸(ジャグリングやアートバルーン)、ステージマジック、イリュージョン、テーブルマジックやパントマイム、足長など、幅広い分野でステージを作り出すパフォーマー。フジテレビ系「笑っていいとも」、TBS系「はなまるマーケット」、日本テレビ系「メレンゲの気持ち」や、全国各地のイベントに出演。地元長野ではテレビ、雑誌でレギュラーを持つなど各メディアでも活躍中。

検索 「魔法使いアキット」 http://www.akitto.net/




現地には、公共の交通機関のご利用をお勧めいたします。

お車でのご来場の際には、周辺の有料駐車場をご利用ください。



チケットの枚数に限りがありますから、
お早めにご利用くださいね。

観覧用のチケットが無いと
アキットさんのマジックショーは見ることが出来ませんからね。





今回のイベントのお問い合わせは、

担当は、白栄ランドリー 野田和都詞(のだかずとし)まで。

お電話 (046-267-1052)、ご来店、待ちしております。


イベントってのは・・
 ども、【こうたろう】こと北川 昌彦です。

今回のお題が「行事・イベント」ということで・・・

私の場合、イベントと言われると、地域の祭や行事を思い出すのですが・・・
楽しんだというより、やり遂げた感が残るほうが多いですね。

地域の商工会や自治会の属する(自営業は断りにくい)わたくし
当然、各団体では予算組みをして、社会貢献、地域貢献の為に、いろいろなイベントがもようされます。

いつも、計画から始まり検討、実施、反省と・・・
楽しむ側ではないんですね。がんばる側(笑)

ですので、違う地域のイベントに行っても、

「うーん、この見せ方うまいなぁ」

とか

「うーん、これいただけんな!」

とか

「もっと、こうしたらえーのに・・・」

とか、そんな事を口走ってしまいます。

一緒にいる奥様は

「そんなん、考えてんのあんただけやで!」

なんて言われてます。


でもね、案外楽しいんですよこういうの見ているのも
このごろのイベントの特徴として、


手作り感が増してますよね!


気づきませんか?

たとえば、

◎◎店のたこやきがあるとしたら
大看板の「たこやき」ってのは昔作った立派なもの(業者に別注など)

しかし、
「ねぎ、しょうが、マシマシ承ります。おいしいよ」とかいう

サブ看板
プリンターや手書きで実に上手にレイアウトしてあります。

子供の遊びイベントなんかでも手作りの遊びで子供たちを賑わせています。

不景気だからと言ってしまえばおしまいですが、
景気が悪いからこそ、みんな頭を働かせて新しい何かを作ろうとするんですよね。
バブルが弾けてもう、20年。
最近は「バブルって何?」っていう世代も出てきていますが

いま、働き時の私たち(40台)が頭を柔軟に新しい物に挑戦していかなければなりませんね

イベントからこんなこと考えてるのってやっぱ俺だけ(奥様がいつも正しい・・・(泣))


かびだらけ!
 おはようございます
本日担当のuniです


さて。
お題にそって書くリレーブログの今回のテーマは「行事・イベント」です。

・・・ということは、滋賀県人のワタクシ、
もうネタは決まっています。


それは、『びわ湖毎日マラソン大会』です

今年は第67回大会3月4日(日)12時30分スタートです。



簡単に説明しますと。


1946年(昭和21年)10月に第1回大会が行われたことから、
日本最古のマラソン大会」と言われています。


第1回目から第16回目までは大阪(御堂筋〜十三大橋〜国鉄池田駅(現在のJR川西池田駅)を折り返すコース)で開催、

第17回目から交通事情により滋賀県での開催となり
第38回(1983年/昭和58年)から『びわ湖毎日マラソン』と改名されました。


ただ、1963年と1964年は東京オリンピックの、
1994年は広島・アジア大会の運営実演を兼ねてそれぞれの場所で開催されています。



このびわ湖毎日マラソン大会は、オリンピックの最終選考レースにもなっていて、
今回も「第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン)代表選手選考競技会」のサブタイトルがあります。


コースはご存じの方も多いと思いますが、
琵琶湖から瀬田川沿いを走るので、とても景色のいい所です。


・・・地元開催のマラソン大会で何が一番いいのかというと、
一目で、「今はどこか」というのがすぐにわかることだと思います。(笑)

だから、沿道まで応援に出るタイミングがピッタリわかります。



沿道には【給水所】があります。 ・・・あ。ちょっと違いますね


それぞれ自分の目印を付けたオリジナルドリンクが置いてあるところと、
スポンジや水の置いてある普通の給水所があります。


・・・やっと、本題に近付いてきました〜(笑)


この給水所に敷いてある布、
ほとんどの皆さんはきっと何も意識されていないと思います。


大会が終わると、各給水所の敷物(白い布)は洗うために集められてきます。
大抵はビニール袋に突っ込まれ、口をしばってあります。



中はどうなっていると思われますか?


一面カビだらけ!なんです。


カビは、栄養源、温度、水分、酸素の4つの要因が揃うと“わんさか”生えてきます。
ですから、この給水所の敷物はカビにとっては最高に居心地がよく、繁殖に適しているといえます。

なぜなら、濡れている上に栄養分もあり、ピニールに密着して入れられて封がされているから乾燥しません。
部屋に置いておかれるから温度も保たれる、という訳です。



集められた白い布はクリーニング店に運ばれます。
そこで状態をチェックした後、洗い、塩素系漂白剤にて漂白されます。


カビは布にダメージを与えます。
ですから、出来るだけカビを生やさないようにすることが大切なのです。

(大会委員さん、なるべく早い回収をお願いします )



しかも、カビは生える所を選びません。


はじめはカビの胞子が付いただけなのに、
ほっておくとそこから芽がでて次第に大きくなり、根をはります。

かび

*カビの写真*


そうならないためには、

1、汚れは付いたら早く落とす。
2、日頃からメンテナンスをする


ことが大切です。



もし、衣服などにカビが生えてしまったら
なるべく早くクリーニング店にご相談ください。


『これは・・・?』っていうような解らないことがあった時も、お気軽にご相談ください。

(漂白剤は色柄物には使えませんし、生地・素材も関係します。間違った処理をすると元に戻らないこともあるので、自己処理しないでそのままプロにお任せくださいね。




さぁ!3月4日はびわ湖毎日マラソン大会!
みなさん是非応援してくださいね


私も沿道で手を振っているかも・・・?(笑)


カビに関する資料:東京都クリーニング生活衛生同業組合 Webサイトより


クリーニング徒然なるままに(17)綺麗なんだけど。。。
 皆様、こんにちは。京都の クリーニング師 ・ 繊維製品品質管理士の 
村山@京都(murayama) です。

先ず 東日本大震災 関連から

 あの時を 忘れられない 人々と
         忘れてならない 今の私等


震災復興支援の曲の紹介を続けます。

今、大人気のグループ AKB48  が昨年末大晦日のNHK紅白歌合戦で歌っていた曲です。

AKB48 震災復興応援ソング「風は吹いている 〜被災地へ〜 」
http://www.youtube.com/watch?v=PwNf-YeuQuQ&feature=fvwrel


彼女たちもグループで手分けして何度も被災地を訪れ、被災された方々を励まし
続けていたと言います。

もうすぐあの震災発生から1年になろうとしています。

この動画に出てくる映像は、実際に被災された方々にとっては、一年になろうとしている
今も尚、忘れたくても忘れられないものです。

しかし被災していない私たちは、こうした実際にあった事を決して忘れてはいけないもの
だと言う事を今この時期に改めて心に刻むべきだと私は思います。


続いて

今回のお題は「行事・イベント」

  純白の きれいな姿に 潜みたる
       見えぬ汚れに チョット気付いて




 長男が札幌に行った事によって大変身近になった「行事・イベント」が
「さっぽろ 雪まつり」です。

 この冬も盛大に執り行われたようで、長男も 舞台で 演舞 や ボランティアを
やったと言う事で幾つか写真を送ってきてくれました(^^)





 

 長男はこの雪の滑り台でボランティアとして
お手伝いをしたらしいです。

本当に 雪 って真っ白できれいですね(^^)

ですが、この雪って実は隠された見えない汚れの素を含んでいるんですよね。

雪は上空かなりの高度のところで造られいて、それが融けないうちに地上に
降りてあの姿となるのですが、その雪が造られていく過程で、上空のその周辺に漂っている
言わば「チリ・スス・ほこり」と言ったものも一緒に取り込んでしまっているんです。

スキーウェアーや防寒着などに付いた 雪 は水分は乾いて蒸発しますが、そうした
「チリ・スス・ほこり」と言った汚れの素はそのまま衣類の上に残っているんです。

ですから雪に濡れた衣類は乾いた後でもそのままにしておくと、後でカビの原因や
取れにくい汚れとして残ってしまうので、仕舞う前には必ずしっかり洗濯やクリーニング
をしてくださいね(^^)

今回の記事は 村山@京都(murayama) が書きました。

==============================
繊維製品品質管理士

大阪繊維商品めんてなんす研究会 所属

 ヤスイスーパークリーン花園店HP : 
   http://www.nexyzbb.ne.jp/~mucasa-kyoto_599/

 ヤスイスーパークリーン京都ファミリー店HP :
   http://kyotofamily.com/shopguide/shop.jsp?shopno=12&foo=1

 ヤスイスーパークリーン「しみ抜きブログ」 : 
   http://blog.nexyzbb.ne.jp/mucasa-kyoto_599/






イベントの時に着る「あれ」って・・・
 こんにちは。長野県須坂市の近藤です。

順番が回って来ました。
今回のお題は「行事・イベント」だそうで・・・

行事・イベントって一言で言ってもいろいろありますよね。
ちょっと前はバレンタインだし、バレンタインがあればホワイトデーもある。
また、イベントごとなんかだと街や団体が何か企画することもありますよね。

昨日、伊藤さんが書いていた「全国エアアイロン選手権 横浜大会」なんかもそれでしょう。

で、こういうイベントでよく見かけるのが着ぐるみじゃないですかね?
全国エアアイロン選手権 横浜大会の動画を見ていただいた方はお気づきでしょう。
いましたよね、赤い覆面の方とか、なまはげとか(笑)

それ以外にも、最近ではゆるキャラが人気ですから、様々な着ぐるみを見かけますよね。

さて、今は寒いので汗もかきませんが、このゆるキャラたちは夏場も様々な場所に現れます。

暑いんじゃないかな〜

服もそうですが、着ぐるみも汚れたままですと雑菌も繁殖しますし、衛生的ではありません。

じゃあ、どうする?

洗うんですよ!!

ここでクリーニング店の技術が炸裂するんですね。
洗うって言っても、全部洗濯機でジャブジャブ洗うわけではありません。
それぞれやり方はあるでしょうけど、工夫をして洗うんです。

消臭スプレーで洗ったことにはしてません。汚れを落とすのが目的です。

そんなわけで、イベントで出てくる着ぐるみ、実は影でクリーニング店の技術が生かされていたりするわけです。


そう考えると、本当にいろんな物を洗ってるんですね、クリーニング屋さんって(^^;;


全国エアアイロン選手権
全国のクリーニング屋さんが綴るブログ、「洗濯の扉」にお越しくださった皆さんご機嫌よう。
本日の担当は、横浜の洗濯屋イトウです。

お題が一巡しまして、新しいお題に移らせて頂きます。
今回のお題は、『行事・イベント』

イベントといえばですね・・もう5年ほど前になりますが、ひとつ仕掛けたイベントがあります。

伝説の(!)、『全国エアアイロン選手権 横浜大会』(笑)

皆さん、クリーニング屋さんにどのようなイメージをお持ちですか?
洗う・しみ抜き・プレス・・など、様々な工程はありますが、皆さんが直接もたれる印象って店頭でアイロンを掛けている職人さんというイメージが多いのではないでしょうか。
もちろん、最近は受付だけの取次所が多かったり、中の仕事が表から見えない構造の店舗も増えてはいますけどね。

このアイロン技を使って楽しいイベントが出来ないか・・
考えた末に、エアギターのように何もない状態でアイロンがけを表現してみよう!とエアアイロンが発案されたのです。

5年前、全国のクリーニング屋さんが集う全国大会が神奈川県・横浜市で開催されました。
会場は横浜にある大桟橋ホールです。
研究発表などの勉強会がありまして、その後に懇親会としてパーティーがあります。
神奈川県の私たちは当然ホスト役。

一度セミナーで使った大ホールがパーティー会場に変わるわけですから、その準備のための小一時間、800人あまりの人たちを一度会場から出てもらわなければなりません。
ミナト横浜のど真ん中ですから、景色を見ているだけでも時間は流れてしまいますが、ホストの立場からは更なるおもてなしを!という訳でイベント(余興)を企画する必要があったんのですね。

とはいうものの、なかなかアイデアは浮かんできません。
このブログには、NHKで趣味講座を担当されたBOSSさんとかマスコミに引っ張りだこの洗濯王子氏も執筆して頂いていますが、当時飛ぶ鳥を落とす勢いの福岡のカリスマFさんがTVの仕事で上京された時、仲間数人と飲み会をしたのです。
その席で、仲間のひとりがエアアイロンはどうかという話しが出まして酒の勢いで即決!(笑)

今でも、全国のクリーニング屋さんが上京するとそのお店に案内することが多いのですが、その時に座ったテーブルを「エアアイロン発祥の地」として勝手に命名して紹介しています。(笑)

当日の様子はこちら。
エアアイロン誕生の瞬間に立ち会っていただいたカリスマFさんも、審査員の席に座っていただきました。
ちなみに、YouTubeで「エアアイロン」と検索すると、「もしかしてヘアアイロン?」と出てくるところも脱力ポイントです。(笑)







これを機に、日本エアアイロン協会も設立しました。
会長には、2日前にこのブログ担当でした「kaicho」が就任してます。

協会加入お申し込みは随時おこなっています。
ただし、国家資格クリーニング師の免許保有者に限らせて頂いています。

<< | 3/3PAGES |