洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

お年寄りの服は捨てちゃいけません。
今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。



クリーニング屋をやっていると、いろんな話が入ってきます。
特に今は、衣がの真っただ中、いわゆる繁忙期というやつでしてクリーニング屋さんの店内は大騒ぎです。
クリーニングに品物が集まる、という事はお客様もたくさんいらっしゃるという事。
いろんな話をされていきます。


気に入って買った服が、擦れちゃって色が薄くなった話とか。
自分で洗ったら皺くちゃになっちゃった、という話とか。
洗えると思って買ってみたら、表示が洗えなかったとか。


そんな中で、こんなご相談をよく受けます。


おじいさんの服、クリーニングしてって言われたんだけど、と。


こんな感じのご相談です。
おじいさんやおばあさんから、クリーニングを頼まれたんだけど、どう見ても色あせてるし、汚いし、もう捨ててもいいようなもの。
これをクリーニングする必要はあるのか?というご相談です。


クリーニングするかしないか、の判断の一つに、まだ着る事が出来るか?という事があります。
あまりにも状態が悪くなると、くりーにんぐするよりも買い換えた方がいい、という判断をすることもありますよね。


この件、結論から申しますと、クリーニングしないとダメなんです。


理由は、おじいちゃん、おばあちゃんが不機嫌になるから。
長年クリーニング屋をやっていまして、経験としていろんなものが見えてくるのですが、お年寄りは同じものを着続ける傾向があります。


汚れていても。
うす切れになっても。
縮んでいても。


これ、捨てて新しいものを買い替えた方がいいよ、という品物であったとしても、お年寄りたちには通じません。
その服が大事なんです。


僕らがお預かりするときも、さすがにこれはもうクリーニングしてもダメかな、と思ってお話をしても、とにかくクリーニングしろ、と言われます。
お年寄りには、その服が大事で、まだ着る事が出来て、着やすい服なんです。

周りの判断で、着れるとか捨てるとか、決めると大変なことになってしまいます。


だから、お年寄りから言われたら、クリーニングするしかないんですね・・・・・。


僕らクリーニング屋さんも、お年寄りの服は大急ぎで洗います。
替えが少ないのと、お気に入りの服はすぐ着たいからです。
長年の経験で、どんなニーズがあるのか?把握していますから。


クリーニングのことで揉めてほしくないんです。
頼んだ方も頼まれた方も、気持ちよく過ごしていただきたいですから。

衣替えの今の時期、こんなトラブルが起こったりします。
お気を付けくださいね。



 

「クリーニングに出したら傷む」という都市伝説について考えてみた
クリーニングに出したら傷むでしょ?
そんな言葉をよく耳にします。

クリーニング屋さんからすればこれはもう都市伝説的な扱い


クリーニングに出すとなぜ傷むのか。
これ解明した人はいるんでしょうか?


そもそも、衣類は消耗品です。いつかは傷みます。

その寿命を延ばすための一つとして洗濯は生まれました。

しみや汚れを付いたままにすると、
生地を傷めたり、脆化(もろく腐ったような状態)します。

その汚れやシミを落とすことで
生地を長持ちさせることが出来るのです。


では、なぜクリーニングに出すと傷むと言う噂が立つのか?
ちょっと自分なりに考えてみました。

衣類の傷みのトラブルの原因は大きく分けて3つあります。



”自体の製造時の問題。

∋藩冓法や使用環境、保管方法や日常のクセによる傷み。

クリーニング処理による原因。



原因は何も1つではなく、
その上、3つでもありません。

1と2が重なったり、
1と3が重なったり、
4が出てきたりと、
様々な要因が複雑に絡み合ってトラブルが起きます。


ただ、その衣類がトラブルになる場所、つまり、トラブルが表面化しやすい場所がクリーニング店なのです。


長期間の使用で生地がもろくなっていたものが、
クリーニングの機械力により破れたり、

染色の段階で問題のあったものが、
クリーニングで色が出たり、

ボタンを止めていた糸がしっかりしていない、
または劣化して切れやすい状態のため、ボタンが取れて紛失したり。


そうなると、
「クリーニングに出したら破れて帰ってきた!」
「クリーニングに出したら色が薄くなった!」
「クリーニングに出したらボタンが無くなった!!」
という風になります。


最近は、クリーニングに出すという習慣が少なっているので
生地や糸の傷みは激しくなっております。


そうすれば、たま〜〜に使うクリーニングで
その服に潜んでいるトラブルの原因が突出することも少なくありません。


それが「クリーニングで生地が傷む!」

と思う原因の一つでもあります。


でも、新品のものも風合いが変わってしまったよ!
というのもあるかも知れません。

もちろんそれも、クリーニング業者に問題がある場合もあり、 
また、アパレル製造業者も、その服がそもそもクリーニングに耐えうる製品であるのか?という場合もありまして。


原因は常に一つではありません。


物事を色々な角度から見なければ、SNSなどの発達で情報伝達の加速度を増すこの社会においては、
冷静に考えると、とても不思議であるそんな都市伝説的話も、
当たり前だのクラッカー【 cracker 】 になってしまうのかも知れませんね。



本日のブログは、兵庫県姫路市ヨネイクリーニングの米井敏進がお送りいたしました。
アディオス!!!

 

確認しあいで事故はなし!
こんにちは、つつじが咲き始めた西宮からhataがお届けします。

西宮も今日から好天に恵まれ、気温もグングン上昇しております。

御客様も、「も〜ダウンジャケットいらんやろ、コートもええやろ」と
言いながらクリーニング店へお越しになります。

持ち込み点数も多くて御預かり商品の確認も少々のお時間を頂きます。

受付での待ち時間を少なくするには・・・それは、クリーニング店へ出す前に
御客様御自身もポケッット内の忘れ物チェックであります。

受付でもポケット内の忘れ物チェックやボタンの破損の有無をしておりますが、そこは
お互いの「確認しあいで事故はなし!」でございます。

安全・スピーディーな受付業務にご協力下さい。

注意事項!!

ご主人・彼氏の皆様へ

忘れ物の中には非常に御返しがしずらいモノが入っております。
奥様や彼女にクリーニングの持ち込みを依頼する前に
必ずポケットチェックをしましょう。

皆まで言わんでも分かるやろ〜(笑)

 

チョッとだけよん・・・はえらいことに
ボナセラ〜

今日は西宮のhataがお届けします。

文頭の「ボナセラ」はイタリア語で「こんばんは」と言う意味です。

日が沈んで夜からじゃなくてもお昼を過ぎて普通に使います。お昼を過ぎてショップに
入る時も「ボナセラ〜」と挨拶をします。

これ、イタリアへ行った時のマナーです。

さてさて、表題の「チョッとだけよん」は加藤茶さんの台詞では有りません。
今年も御世話になった冬服に対してです。

これチョッとしか着てなし、大丈夫かな、大丈夫だろう。
また、○ァブリーズを吹きかけて洗ったつもりになっていませんか?

それはとても怖い判断です。人間は必ず汗をかきます。

放っておくと衿や脇、袖口が黄ばんでしまいますよ。
特にハイブランドでそうなってしまうとパイルドライバー(プロレス技です)並の
ショックです。

そのようにならない為にも日常のケアです。

クリーニング店でも黄ばみの修復はできますが、別途料金が発生します。

賢く気軽にクリーニング店で相談、御利用下さいね。

サバ〜ッ。

クリーニング屋さんでボタンが割れる理由。
クリーニング屋さんをご利用されていて、中には嫌な思いをしたことがある人もいると思うんです。
新しい新規のお客様がご来店くださった時に、クリーニングへの不満をぶつけられる事はよくあります。


クリーニングに出すと、匂いがするとか。
ボタンが割れるとか。
キレイにならないとか。


お客様からすると、プロに任せているのに何でこうなるの?としごくまっとうな要望です。


特に、ボタンが割れると言う事を経験されているお客様は多いんじゃないでしょうか。・
あまりにも多くてクリーニング不信になり、もうクリーニングには出さない!そんな方もいらっしゃると思います。


何でクリーニングでボタンが割れるのか?


今までこれに明確に答えたクリーニング屋さんは僕の記憶の中で独りもいません。
ボタンも物ですから、絶対割れないと言うことはない、どんなに丁寧なクリーニング屋さんでも、ボタンの劣化などで一度は割れる事を経験しています。

プレスする時に割れてしまった、角度が悪かった、元からひびが入っていた。


そんな説明はあったことでしょう。
でも、消費者のみなさんが頭に着ているボタンの割れとはそういうものではないんですよね。


一回のクリーニングで、前面にあるボタンが全て割れる。


こんな事を経験されているんだから、そりゃ怒るのは当然です。
では、何でこれの原因を説明できるクリーニング屋さんがいないのか?

理由は簡単なんですよ。


ボタンをたまにしか割ったことないクリーニング屋さんには理解できない現象だからです。
しかし、ボタンを沢山割るようなクリーニング屋さんは、気付かないからそのまま割り続けているからなんです。


よくお客様の中では、機械仕上げだから割れるんだ、と手仕上げのお店を探す人がいらっしゃいます。
しかし、原因は機械仕上げではないんですよ。
機械仕上げでも、ほとんど割れないクリーニング屋さんはあるんです。


割れるクリーニング屋さんと、割れないクリーニング屋さんの差は何か?


プレスをする機械には、衝撃を吸収するように、下の鉄板のうえに布団という厚めの生地をかぶせてあるんです。
これがあるので、上からこてが降りてきて、圧力をかけてもボタンは割れないんですよ。
しかし、この布団は何回もプレスをしていると、劣化してきて硬くなります。
ひどいものは、カチカチになってしまうんですね。

メーカー推奨は5000枚から1万枚といわれています。
それを越してもあまり変化はないのでうsが、大幅に越してしまうと、硬くなって・・・・・・、後は想像できますよね?


硬い台と鉄板にはさまれたボタンは・・・・・・、当然割れてしまいます。



この布団、普通は交換するんですよ。
しかし、中にはなかなか交換しないお店もある。
この衝撃を吸収する布団は結構高いんですよね。
また、大量にプレスをするところでは、すぐさまメーカー推奨の数値になってしまう。
交換には物凄い手間がかかり、数値を超えてもあまり変化がないと、つい変えないでプレスをし続けてしまうんです。


徐々に変わる変化に人は弱いもので、気付かないうちにボタンが割れてしまうようになります。


実際、クリーニング屋さんの展示会で出品される機械は、新品ですので、ボタンは割れません。
割れるはずがないんですよ。
だから、機械のせいではないんです。

メンテナンスの問題。


では、お客様はどうすればいいのか?


機械のメンテをちゃんとしているクリーニング屋さんに出しましょう。
工場をのぞけるようなお店だとすぐ分かります。
プレス機のボディーがこげているようなお店は避けた方がいいですね。
キレイにしている所は、ボタンは割れません。



ボタンが割れるのが嫌でクリーニングを避けていた皆さん、見分け方を参考にして、自分にあったクリーニング屋さんを見つけてくださいね。



今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りしました。





JUGEMテーマ:商い・商売に対する姿勢

破れたズボン スラックス クリーニング屋さんは知っている。
ズボンのすそがスリ切れたり
おしりのポケットに穴が開いたり
タバコで穴あけちゃたり
していませんか?

自分の生活圏にお直しやさんやリフォーム店がない場合
いつも使いのクリーニング屋さんに聞いてみてください
近場で直してくれるところを教えてもらえるか

そこのクリーニング屋さんで直してくれるかもしれません。

そんな衣類のちょっとしたご相談
近所のクリーニング屋さんへしてみてください。

本日のブロガーは福島のtamaがお送りしました。

 

衣類のリスク管理
もうすぐ秋だというのに蒸し暑い日が続きますね。

「暑さ寒さも彼岸まで」と言う言葉があるように
9/23頃まではまだ残暑も続くのではないかと思います。

世間では異常気象、そしてデング熱と
日本では考えられなかった事が起きています。


もはや、日本でも、いままで当たり前だったことが
当たり前でなりつつあります。


突然何が起こるかわかりませんので
リスク回避の方法を常に身に付ける事が
必要になってくるのではないでしょうか。



先日、クリーニングの集配で多くのお客様を訪問。



ご依頼やお話の中でカビの被害に関することが
異常なほど多くなっていました。

これも気象の変化の影響か、
一気に爆発するかのようにカビが蔓延しています。


衣類に生えたカビを除去するのは基本的に大変なのですが、
その上、根をしっかり生やし、生地を侵食していくと
より取れにくいものになり、生地自体も傷めていきます。

カビの基本的な予防法などについては
色々なサイトがありますのでご参考になさると
良いかと思います。





キッチンや浴槽などに生えるカビ。

そして、衣類などに生えるカビ。



キッチン・浴槽などには絶対大切な事として書いてあって、
衣類の方には、何故かあまり強く書かれていない事があります。


それは、衣類を「洗う」ということです。


虫食いなどもそうですが、
カビも汚れなども栄養分とし繁殖します。


浴槽やキッチンを清潔に保つように

衣類も清潔に保たないと、

カビは生えやすくなります。


洗濯やクリーニングは、
しっかりとした衣類のリスク管理となるんです。


皆様のあまり着ていないもの、
長年仕舞ったままのもの、
クリーニングにそういや出していないもの、

大丈夫ですか?

一度、お暇な時にでもチェックしてみてください。



着る時になってビックリ仰天ニュースにならないよう
普段の心がけ、大事ですね^^。



以上、
本日の洗濯の扉は、
兵庫県姫路市のヨネイクリーニング代表:
米井敏進 がお送りいたしました。

ご衣裳の思わぬ災難、私が助けます!!
皆様 こんにちは。


京都の クリーニング師・繊維製品品質管理士 の村山@京都です。


私の住む京都市内は今、多くの観光客の皆様が押し掛けている「祇園祭」で大いに賑っています。


京都の夏はこれからです!


そんな夏、皆様は今どんなご衣裳をお召しでしょうか?


お気に入りのご衣裳で色々な所へお出かけされている方も多い事でしょう。


しかしそんなお気に入りで大切なご衣裳も思わぬ「災難」に遭う事が有ります。


着用しているご衣裳に思わず付いてしまった「シミ」「汚れ」、そして思わぬ「破れ」や「ほつれ」、
そのような時、ご自身でどうしようもなくて悲しんでいはる方、ぜひ一度私たち「プロ」のクリーニング店にお任せ下さい!


当店でも出来る限りの事をさせて頂きます!!





本日のブロガーは 
クリーニング師 ・ 繊維製品品管理士 の 村山@京都
でした。

==============================

繊維製品品質管理士

関西繊維商品めんてなんす研究会 所属

ヤスイスーパークリーン花園店HP : 
http://www.nexyzbb.ne.jp/~mucasa-kyoto_599/

ヤスイスーパークリン 京都ファミリー店
http://kyotofamily.com/shop/detail/11

ヤスイスーパークリーン「しみ抜きブログ」 : http://ameblo.jp/yasuispclkyoto/

徒然戯言歌日記
http://ys-clean-kyoto.blog.so-net.ne.jp/





タンス・クローゼット内に置く「除湿剤」にご注意!
 皆様 こんにちは。

京都の クリーニング師繊維製品品質管理士 の村山@京都です。

 5月末からの突然の「猛暑」!特にこの季節一番過ごし易いはずの北海道で連日の猛暑!日本の季節は「どないなっとんねん!」とツッコミを入れていたわけですが、京都市内は6月に入ってしっかり通常通り「梅雨入り」しました。

いつもならこの「ジメジメ」感は不快なんですが、無事に(?)例年通りの季節の移り変わりに少し安心。

(それでも宮崎県など梅雨入りしてすぐに「梅雨末期」のような豪雨、今後も各地で大雨に関する警報などが出るかも知れません。お気を付け下さいね。やはり何か日本の気象はおかしくなっている感じです。。。)

さて梅雨時と言う事で「湿度」が高くなり、衣類を保管しているタンス、クローゼット、などの内部の「湿気」が気になる頃です。

そこでこうした「除湿剤」を使われる方も多いと思います。

      除湿剤

しかしそこで気を付けて頂きたいのがこの容器の下に溜まる「液体」です。

実はこの下に溜まっている「液体」はかなり強い「アルカリ性」なんです。

先日私が書いたのブログ


の中でも紹介しましたが、
「アルカリ性」の強い液は衣類に付くとその衣類の染色を侵します。

また「タンパク質」も侵しますので皮革製品ですとひどい「収縮・硬化」を起こします。

*人間の目に入ると失明する恐れも有ります

これからのシーズン、どうぞ「除湿剤」の扱いにはご注意くださいね。

本日のブロガーは 
クリーニング師 ・ 繊維製品品管理士 の 村山@京都
でした。

==============================




 



クリーニングの事故を探る
洗濯の扉、本日は隔週月曜日に登場する男、横浜の伊藤が担当です。

皆さんはクリーニング屋さんで嫌な思いをされたというご経験はありますでしょうか。
シミが落ちていなかった、約束の日時に仕上がっていなかった、店のオヤジがパンチパーマで威圧的だった。(笑)
たまたま三番目の例は、先週末に他のクリーニング屋さんと集配途中に路上でお話しした時に笑い話で出てきただけなんですが・・・。

残念ながら、消費者センターに寄せられる様々なクレーム等の中で、私たちクリーニングに関する事は多い中に入ります。
なぜでしょう。
本当はあってはいけない事ですが、それでも商売としてたくさんの仕事をこなしていれば、どんな業種でも大なり小なりのトラブルはあります。
接客態度が悪かったとか、品質が思ったほどではなかったとか、料金が高額すぎるとか・・・。

例えば、雑誌でも有名なラーメン屋さんに行列していったら、そこの主人がお客に対して高圧的な態度だったとか騒ぐほど美味くなかったとか。
でも気に入らなければ、二度といかなけい訳ですし、消費者センターまでクレームを上げる事なんか稀ですよね。

なぜクリーニング屋さんのトラブルが消費者センターの常連さんなのか?
それはご自身の大切な洋服に関するトラブルだからですよね。

そう。
私たちは皆さんの大切な所有物をお預かりして加工してお返しする、そんな商売です。
ですが、そのお預かりするお洋服は我々の知らぬところで企画製造され、お客様がご使用された状態でお店に入ってきます。
ひとたびトラブルが起こりますと、最終的に私たちクリーニング屋さんが代表して原因を探る責任が生じてきます。

もちろん、私たちが取扱いを間違えて事故になってしまったケースだってあります。
ウール地のシャツをコットンシャツと勘違いして水で洗ってしまったとか、シミヌキして地色まで変化してしまったとか・・・。

クレームの原因が実はお客様の着用の仕方によってもたらされたり、着用中に何らかの影響を受けていてクリーニング時に表面化するなどといったケースもあります。
汗をかいたまま何度も擦る様な力を加えられたワキの部分のフエルト化でしたり、パーマ液をこぼされて脆弱かしてしまった襟元とかです。

当然、そのお洋服を企画製造したメーカーにも原因がある場合もありますよね。
普段のクリーニングのお手入れには耐えられない素材や衣類の素材としては不適格なもの、そして経年劣化が激しい素材の採用などがあります。
パイプに使用されている塩化ビニールを乳化剤で柔らかくして素材に使ったり、数年で分解を始めてしまうポリウレタン、そしてコットンに直接皮革を張り合わせたカットソーなどですね。

先日、東京の組合本部にてそのような様々な原因でトラブルになった衣類の「展示会」がありました。
原因がどこにあろうと、それを見極めてトラブルが少しでも減らそうという我々クリーニング業の取り組みですね。

もちろん展示物は、クリーニング業者だけでなく消費者やアパレルメーカーでも閲覧ができます。
色々な立場の方がもっともっと集まって対策を考える事により、消費者の皆様とクリーニング屋さんとがもっと近づけると嬉しいですね。

余談です。



これは展示されていた「事故品」に添えられていた注意書き。
どのような状態になりトラブルになったのか・・
その為の貴重な資料には違いないのですが、ちょっとこのコピーには笑ってしまいました。


=============================================
クリーニングのイトウ商会 代表:伊藤正博
イトウ商会Facebookページ
=============================================






| 1/3PAGES | >>