洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

洗うより前に気にしてほしいこと。

今日の洗濯の扉は、東京都府中市 一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

段々と衣替えが始まりました。

三寒四温の日々とはいえ、さすがに厚手のコートは必要がなくなってきて、クリーニングに集まり始めています。

休みの日程に合わせてスーツのクリーニングも増えてきましたね。

 

 

最近は、断舎利やミニマムな生活、というのが流行りだそうで物を持たない生活を目指している方が多いと聞きます。

必要以上のものを持っていても邪魔になるだけで使わない、本当にその通りで、衣類なんて言うのはそういうものが多いんじゃないでしょうか?

 

 

買ったはいいけど、一度も着なかった、そういう服ってたくさんクローゼットを占拠していると思います。

 

 

お店で店員さんに勧められたときはよかったんだけど、いざ帰ってみたら着る勇気がなかった、とか。

昔でいう、タンスの肥やしになってしまうんですね。

 

衣替えの時は、そういった気なかった服を処分するチャンスでもあります。

廃品回収の日に出してもいいですし、最近は古着を回収しているお店もあったりしますので、そこに出してもいいのかな、と。

 

 

そして、いらない服を処分したら、次にしてほしいのは必要な服を揃えて欲しいんです。

 

 

なんだか矛盾したような話をしていますが、これってとても大事な事なんですよ。

着ない服は必要ありませんが、着る服は必要なんですね。

 

 

これ、洗濯やクリーニングを考えるより大事な話なんです。

 

 

服は汚れたら洗わないと着る事が出来ません。

でも、洗おうとすると、それなりに時間がかかってしまいます。

家で洗う事が出来る服でも最低一日。

何か用事があって洗う事が出来ないと数日開いてしまう事もあります。

雨が続いて乾かないともっと。

 

クリーニング屋さんに出しても最速でその日のうちに。

じっくり仕上げてもらうと一週間ほど着る事が出来なくなってしまうんです。

 

 

つまり、服は、洗っている間も着る事が出来るくらいの量は必要、という事なんですね。

 

 

着ない服はいりませんけど、洗っている間に着る服は必要な服、そう思うと最低一週間分の服は持っていないといけないという事になります。

 

 

ミニマムな生活で、数着あればいい、というような話を目にしますが、ちょっと足りないかな、と。

本当の必要最低限って、もう少し必要なんではないのかな、と思うんです。

 

 

服の着数を増やすと、いい事が起こります。

 

 

余裕を持って着まわせるので、服が傷まなくなります。

柔らかい服は柔らかいままに、色もくすみにくく、綺麗な状態で着る事が出来るように。

洗っている間も、他の服を着る事が出来るので、安心ですしね。

 

 

本当に必要な服の量って、一週間着る分+数着だと思います。

余裕を持って、という事ですね。

このくらいの量なら、クローゼットをも圧迫しないと思いますよ。

管理もしやすいので、衣替えの時に洗い忘れとかも起こりませんし。

 

 

ぜひ、今回の衣替えの時に、着ない服は処分して、必要な服を買い足してあげてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日常


そろそろスーツ、汚れてませんか?

今日の洗濯の扉は、東京都府中市 一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

東京では桜が咲き始めました。

僕の住む府中市でも、枝垂桜がいい感じで咲き初めまして、たくさんの人が写真を撮りに行っているようです。

 

桜が咲くと、クリーニングが集まる傾向があります。

やはり桜の花が咲くころの気温は、暖かいんでしょうね。

もうコートやオーバー、ダウンの類はいらないとクリーニングへお持ちになるんでしょう。

 

実はこの時期にクリーニングが増えてくるものがあります。

 

 

それは、スーツのクリーニングなんです。

 

 

昔ですと、まだスーツのクリーニングの時期ではなくて、外側の重い衣類からクリーニングに出てくるのが常識でした。

コートやオーバーから始まり、セーターカーディガンなどのニット製品が出て、その後に冬物のスーツがクリーニングに出る、という決まったパターンがあったんです。

 

 

ところが、最近はそういうのはないんですね。

理由は、スーツに冬物とかの概念がなくなってきているから。

年間通して、スーツを着る人が増えてきているので、スーツの衣替えの概念がないんでしょう。

 

では、なんでこの時期にスーツのクリーニングが増えるのか?

 

 

皆さん、スーツ、汚れてませんか?

 

 

変な噂が広まっていて僕らも困っているのですが、スーツはクリーニングしすぎるとよくない、という噂が広まってしまっています。

そのため、クリーニングの頻度がかなり落ちてしまっているんですね。

 

するとどうなるか?というと、ものすごく汚れているスーツが増えていくんです。

さらに、汚れが溜まったまま着ていると、裾の方とか切れ始めるし。

実は汚れたまま着ているのはよくないんですね。

 

たぶんですけど、スーツが汚れている事に気づいた人が、休暇などのタイミングに合わせてクリーニングにお持ちになっているんでしょう。

 

 

汚れてないのに洗う必要はないんですが、本当に汚れていないですか?

 

 

そこが一番の問題で。

洗いすぎるとよくない、という言葉に振り回され過ぎて、汚れている事に気づいていないってことはありませんか?

 

臭いは消臭剤でごまかしているので、大丈夫、と思っていても・・・・・・。

襟やそで、前身頃など、汚れがひどくなってません?

 

毎日着ているので、景色になれるというか、気にしなくなっちゃいますけど、よくよく見てみるとかなり汚れているはずです。

 

 

汚れていたら、洗わないと。

 

 

これから暖かくなると汗ばんできます。

その前に、いちど汚れを落としちゃわないと、さらに臭いが出る事になります。

 

汚れはためちゃダメですから。

 

 

新年度を迎える前に、ぜひクリーニングでスーツをきれいにしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日常


服の補正で傷みから守りましょう。

今日の洗濯の扉は、東京都府中市 一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

皆さん、服が傷むのは嫌ですよね。

色々とお話を聞いていて、今、消費者の皆さんは服が傷むことを恐れている、と感じました。

 

洗いすぎると服が傷む。

 

ドライクリーニングすると服が傷む。

 

 

この二つはいろんな所で見聞きします。

洗いすぎると傷む、というのは正しいようでちょっと違う。

問題はその洗い方なんです。

傷むような洗い方をしてしまうので、洗うと傷んでしまうのです。

 

服も素材やデザインで扱いが変わるので、安く買った服でも扱いを易しくしなければいけないものも多くあります。

 

ドライクリーニングで傷む、というのも大きな誤解です。

そもそも、ドライクリーニングが傷まないクリーニングとして広まってきたことを考えると、こちらも別の要因がありそうです。

いま、自分がクリーニング屋として仕事をしていて感じるのは、着過ぎによる損傷が激しいな、と。

洗う前からかなり傷んでいるんですね。

 

みなさん、スーツはどのくらい持っていますか?

3着未満の人はものすごくスーツが傷みやすいです。

ぜひセールの時などに買い足しをお勧めします。

 

 

家での洗たくも、傷みを気にして手洗いをする人が増えているとか。

僕も傷むといわれると躊躇しちゃうかなあ。

 

 

服が傷むのに、洗濯やクリーニングが思い浮かぶみたいですが、実はもう一つ大きな原因があります。

 

 

皆さんが着ているその服、サイズはあっていますか?

 

スーツなどはしっかり試着して合わせて購入していると思うんですが、日々生活をしているうちにサイズが合わなくなってきている方が多いみたいです。

痩せる分にはそう変化はないのですが、問題は太ってしまった場合。

加齢から太ってきた場合、全体的にではなくお腹周りなど特定の箇所のサイズが合わなくなります。

 

特に多いのがズボンのウェスト周りでしょうか。

 

太ってきたとき、目安になるのが横のしわが入る事です。

縦のしわではなく、横のしわ。

横に引っ張られてしまうので出来てしまいます。

 

ちゃんと着る事が出来たとしても、横のしわが入りだしたらサイズが合わなくなってきたサインです。

常に引っ張られているので、生地に負担がかかり、こすれて破れてしまいます。

 

 

こうなったら買い替えるしかないのか?というと、別の方法もあるんですね。

 

 

ウェストなら補正をしてもらえばいいんです。

つまり、ウェスト出しをやってもらえばいい。

 

ぴったりのズボンを買ったんだ、と思っていても、案外ウェストを出す事が出来ます。

うちのお店で最大出したのが20センチほど出したことがあります・・・・・・、母の姉の品物でしたが。

 

ここまでではないにしろ、数センチなら余裕で出す事が出来る。

しかも、買うのと比べたら圧倒的に安く仕上がる。

 

 

ここ、重要なポイントです。

 

 

ウェスト出しは、街中の修理屋さんでも扱っていますが、クリーニング屋さんでも扱っています。

汚れたまま出すと直した後に少し変化が起きるので、クリーニングと一緒に出すことをお勧めします。

洗ってから生地を整え、その後修理をすると変化の少ない完璧な仕上がりになるか、と。

 

ウェストが気になったらぜひお試しくださいませ。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日常


汚さないように着るのはもうイヤっ!

今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

ここ数年、色々とモヤモヤして居ました。

もやもやの原因は、服を汚すことを嫌がる風潮があったからです。

いや、いやなんですよ、服が汚れるのは。

それは当たり前なんですが、それが一周まわって汚れない服がいいとか、汚さないように着るとか、なんかものすごく疲れる事をみなさんしていません?と思っていたんです。

 

 

汚れるのは嫌なことなんですが、もし服がなかったらその汚れは全部自分の身体についてしまいます。

また、汚れない服が出来てしまうと、汗をかいても服が吸収してくれないので体中あせもがひどくなるでしょうね。

とにかく着ていて不愉快になるでしょう。

 

 

服が汚れる、という事は体にかかる負荷をかなり提言してくれているんです。

汚れるのは嫌だけど、ある意味僕らを守ってくれているわけですね。

 

汚れる事が悪いことと、と認識されて、皆さん服を汚さないために窮屈な生活をしているような気がするんです。

家に帰ったら慌てて洗たくしたり、とか。

 

 

で、それってどうしてかな?と思ったら、汚れが落ちないからなんですよね。

 

 

汚しても、洗ってきれいになってれば、洗えば落ちるからそこまで不安になったり窮屈な生活をしなくてもいいと思うんですね。

なかなか綺麗にならないから、汚さないようにしよう、となるんでしょう。

 

 

皆さん、少し何でも自分でやり過ぎだと思うんです。

CMに踊らされて、洗剤使えばきれいになると思って、自分でやってみて。

でも思うほどきれいにならなくて、あきらめて。

 

やはり家庭での汚れ落ちは限界がありますからね。

これはもう仕方がないんです、使える洗剤も、洗濯機も、家庭用の縛りがありますから。

 

 

クリーニングなら。

 

きれいになります。

汚れが落ちます。

自分で洗うもの、きれいに着たいもの、人の前で着るもの。

上手に仕分けて、クリーニング屋さんに任せるものを任せておけば、きれいになります。

 

 

もう、汚さないようにしなくちゃ、という窮屈な生活に戻らなくて済みます。

 

 

気にせず、どこにでも行って、好きなもの食べて、楽しく帰ってこれます。

そして、汚れたら、クリーニングできれいになる。

 

心に余裕が出来ますよ。

 

窮屈な生活から逃げましょう。

クリーニング屋さんに任せてください。

 

 

 

 


クリーニングってめんどうくさいですよね?

今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りまします。

 

 

先日、クリーニングは使いづらい、と言うような話を耳にしました。

主な理由は3つ。

 

 

1つ、閉店時間が早い。

 

2つ、預けに行って引き取りに行って、その都度待たされる。

 

 

3つ、持ち帰ってから袋からいちいち取り出さなければいけない。

 

 

 

これらが地味に面倒だ、と言うんですね。

自宅で洗えば、洗う手間はあれど、そのほかの手間は無くなり、時間も大幅に短縮される、と言うんです。

 

 

常々、ぼくも思っていましたが、クリーニング屋さんって、閉店時間が早いんですよね。

早ければ夕方6時、普通で8時頃でしょうか。

うちのお店はちょっと変わっていて夜10時まで開いてますが、こんなおませはほとんどありません。

 

結婚されていて、夫婦どちらかが時間が取れるのならいけるんでしょうが、そうでもないとなかなかクリーニング屋さんに持ち込むのは難しいかもしれませんね。

 

 

また、クリーニングの性質上、どうしても2度お店を往復しなければいけません。

預けに行って引き取りに行く。

そのうえ、混んでて待たされるとなると嫌にもなるなあ、と思います。

 

 

袋から取り出してください、と言うのは実はここ数年の話で前はそんな事は誰も言っていませんでした。

いつの間にか、それが常識のように語られて、クリーニングから返ってきた服は袋を外して保管をする、と言うのが決まり見たくなっています。

 

袋を外す理由は、クリーニングの時の湿気がこもっていてカビが生えるから、とか、クリーニングの薬品が残っているから、とか。

いぜん、袋自体に問題があって、黄色く変色してしまう事もあり、袋を外すことを推奨するお店が増えてきています。

 

 

…、たしかにめんどうだな、これは。

 

 

クリーニングって、地味にめんどうですね。

 

 

でも、ちょっと待ってください。

これら地味に面倒なクリーニングを回避する方法もあるんです。

 

 

閉店時間が遅いクリーニング屋さん、結構あるんですよ。

また!夜間集配をしてくれるクリーニング屋さんもたくさんあります。

 

お店が開いていない、2度往復するのが面倒、これらを解決してくれるのは、クリーニングの集配サービスです。

 

深夜まで集荷に来てくれるクリーニング屋さんもあるのでぜひ探してみてください。

タウンページを見ると、自分のお住まいの地域のクリーニング屋さんがすぐ探せます。

ネットは意外と便利そうで、広告がたくさんで分かりづらくなってきました。

 

地元のクリーニング屋さんを見つけるならタウンページがダントツですね。

 

 

袋を外す問題、実は外さなくても平気だよ、と言うクリーニング屋さんもあるんです。

袋を外すのが、乾燥不足などが原因だとすると、しっかり乾燥をしているので大丈夫!と言うお店もあります。

 

こちらは、お店で話を聞いて見ると答えてくれます。

昔からやっているようなお店に割と多いですね。

 

 

そう言うお店は、長年、そう言ったトラブルか起きてないから自信を持って答えています。

いいクリーニング屋さんとも言えるのでぜひ探し当てていただきたい。

 

 

必ずみなさんの近くにもありますから。

 

 

 

不便だと思っていたクリーニング屋さんにも、便利でいいクリーニング屋さんがたくさんあります。

信じて探してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:お洗濯大好き!


スーツのコンディション・コントロールをしましょう。

今日の洗濯の扉は、東京都府中市 一伸ドライクリーニング店工藤がお送りします。

 

 

スーツを洗う頻度は?

いつスーツは洗えばいいの?

 

このような悩みを持った方はたくさんいらっしゃるかと思います。

そんな頻繁にクリーニングに出せないし・・・・、という方も。

 

スーツのメンテナンスはまだよく知られていないような気がするんですね。

 

 

下着とかと違い、スーツはそんなに頻繁に洗いません。

それには理由があります。

 

 

スーツの素材であるウールに特徴があるからなんですね。

ウールはとても不思議な繊維で、表面は疎水性と言って、水分などを寄せ付けない構造になっています。

反面、中は?というと親水性と言って、湿気を吸いやすい構造をしています。

 

汚れが付きにくく、汗が蒸発した水分はウールがすってくれて着心地がいいのが特徴。

そしてこれまた面白いことに、すった湿気を放出するのもウールならではの特徴です。

 

 

ワイシャツやTシャツの綿素材と違い、ウールは表面に汚れが付きづらいので綿のように慌てて洗う必要はありません。

コンディションをコントロールする事が出来ます。

 

一度着たら、休ませる。

 

これはとても大事。

休ませている間に内部にたまった湿気を放出し、生地がよみがえります。

着用後にブラッシングをすることで、表面についたほこりも落ちるんですね。

 

そして、疎水性と言っても全く汚れないわけではありません。

日々休ませ、ブラッシングして汚れをコントロールした後は、クリーニングできれいさっぱり汚れを落とす。

 

これを繰り返すことで、スーツはとても長持ちをするんです。

 

 

ウールの特徴により、あわてて毎回洗わなくてもよく、着て休ませを繰り返して、汚れの具合を見ながらいいタイミングでクリーニングに出す事が出来るんです。

 

昭和の人はこれをよく知っていて、スーツを何着も持っていました。

服を休ませるにはスーツを数持たなくてはなりません。

経験でこれを知っていたんでしょうね。

 

 

スーツのコンディション・コントロールをしましょう。

状態よく着ていく事で、スーツのクリーニングも1シーズンに2回ほどで済んでしまいますから。

まずは、スーツの買い足しから。

増えるたびに楽になると実感できますよ。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日常


一着しかない制服はいつ洗うか?

今日の洗濯の扉は、東京都府中市 一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

受験シーズンです。

この時期、気になるのが制服のクリーニング。

中学受験や大学受験は制服を着る必要がないのでいいのですが、高校受験だけは制服を着ていきます。

しかも、ふだん、制服を着ているのでどうしても汚れていますね。

 

 

この冬休みにクリーニングに出して、受験まで穏便に過ごしてもらおう・・・・と思っていても、そうならないのが子供たちで。(笑)

どうやったらそんな風に汚れるの?という位汚して来ますね。

 

 

制服は一着しか持っていないという人の方が多いので、いつ洗うか?どこで洗うか?はとても大事です。

 

 

家で洗っちゃう、そんな人もいますね。

でも、大事な受験、しかも面接とかあって、それで大丈夫ですか?

制服はしっかり作られているので洗えない事もないのですが、家で洗うのとクリーニングするのとでは全然仕上がりが違います。

 

クリーニングをすると、その服の価値以上に見えますし、していないとどんな高級なブランドスーツでもブランドスーツに見えなくなってしまうんですね。

 

 

それほど、クリーニングって大事なんです。

 

 

さて、制服をいつ洗うか?

 

 

このタイミングがなかなか計れませんね。

制服なのでどこのクリーニング屋さんでも急いで仕上げてくれます。

一日でも仕上がってしまうので、週末土曜日の朝一に持って行ってその日の夜に仕上がり、という事も可能です。

どうしても学校へ通っていますから、学校が休みの日に済ませてしまいたいところ。

日曜休みのクリーニング屋さんもありますから、お勧めは土曜の朝一の持ち込みでしょう。

 

一つ注意しなければいけないのは、お店が開いているからと言って洗っているというわけではないのでご注意を。

受付はしているけど、工場は休んでいる、そういうケースもあります。

万全を期すなら、事前にクリーニング屋さんに制服のクリーニングのご相談をしておいた方がいいでしょう。

予約、というわけではありませんが事前にご相談をしておけば、その日、その時、はその制服のためにくりーにぐをするために予定を開けておいてくれます。

料金も変わりませんのでお勧めですよ。

 

 

受験生をお持ちのお母さん、制服をばっちりクリーニングして送り出してあげてくださいね。

 

 

JUGEMテーマ:お洗濯大好き!


クリーニングした服で運気アップを。

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします

 

 

新年初めの担当は、東京都府中市一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

 

年が明けました。

皆さん、初詣にはいかれましたか?

僕が住む付注には、大国魂神社という大きな神社がありまして、そこにみんな初詣に行きます。

周辺には、高幡不動や深大寺など有名なところもあるんです。

高幡不動には厄除けで行く人が多いですね。

 

 

さて、我が家は元旦の初詣に失敗しました。(笑)

お墓参りにいき、その足で大国魂神社までいったんですね。

お昼ちょっと前だったと思います。

長い参道に人が入りきらず、外にまであふれかえっている状態で、とても参拝できるような状態ではなくて・・・・。

諦めて帰ったんですね。(笑)

 

 

そして翌日、リベンジと称して、朝八時に行ってまいりました。

人は・・・・少ないといえるほど少なくもなかったですね。

駐車場の半分以上は埋まってましたから。

今年は、皆さん初詣に行かれているんだなあ、と思いました。

 

 

その初詣、我が家ではみんなクリーニングした服を着ていきます。

クリーニング屋だから当たり前だと思うかもしれませんが、クリーニング屋さんでも自分の服を全部クリーニングしているわけではありません

うちにもちゃんと家庭用の洗濯機が別にありまして、そちらで洗うもの、クリーニングするもの分けています。

 

 

でも、年明けはみんなクリーニング。

 

 

きちんとクリーニングし、アイロンを掛けて、着ていくんです。

その理由は、気持ち的な問題なんですが、去年の汚れを引きずったままだと運気が悪くなりそうだから。

新年一発目に神様にご挨拶に行くのに、汚れた服で行くって失礼じゃないですか?

お賽銭ははずめませんが、せめて気持ちだけでも表したいな、ときれいな服で行くようにしています。

 

 

これって、人に対しても同じなんですよね。

 

 

大事な人に会いに行くとき、仕事の大事な日とかに、クリーニングした綺麗なスーツを着ていく人っています。

いわゆる縁起を担ぐというやつなんでしょうが、気持ちの問題なのかもしれませんが、真っ新な服を着ていくと気持ちも落ち着くんですよね。

 

 

以前、宝くじの高額当選者に話を聞いていた番組で、宝くじを買いに行くときはクリーニングしたての服で行く、という人がいました。

これも僕らの初詣と同じような感じなんでしょうね。

 

 

うちも宝くじ買いに行くときはクリーニングした服を着ていこうかな・・・・・。(笑)

 

 

皆さん、今年もよろしくお願いいたします。

 

 


流行の服を追わないならクリーニングは大事です。

今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

とうとう今年最後のブログ更新となりました。

 

 

 

先日、iphoneの画面を落として割ってしまったんです。

そのままでも使えない事はなかったのですが、修理をしておかないと次に買い替える時に買い取ってもらえないとかで修理をする事に。

 

 

表参道のAppleStoreを予約しまして、電車で行ってまいりました。

ふだん配達では車を利用しているので、電車に乗ると何もかも新鮮です。(笑)

いろんな人の着ている服を観察していました。

 

今年の流行は、長めのコートやオーバーなんですが、意外にもそういうのを着ている人は少なかったです。

去年まで着ていたものを引っ張り出して着ている、そんな感じでした。

 

 

僕はクリーニング屋なので、分かるんですけどね、洗ってないんですよ。

どこで見分けているか?というと、しわだったり、全体的な汚れだったり。

シミがついてしまった!というような突発的な汚れと、長い間着用をしていた汚れって根本的違います。

全体的に薄ら汚れてしまっているんですね。

 

また、自分で水洗いをしたな?という人も何人か。

これも、一目見ればわかります。

ダウンなら膨らんでいませんし、細かいしわがついている。

水洗い独特の症状で、家庭ではこれらを元に戻せないので、そのまま着るしかないんですね。

 

 

都心の方へ出かけたので、てっきりここに集まる人たちは新しいものを着ている人が多いんだろうなあと勝手に思っていたので、ある意味新鮮でした。

 

 

もちろん、僕が住んでいる都下に比べると、着ている服の値段は上がっていきます。

表参道を歩くころには、汚れてはいるもののブランド品をお召しになっている方がたくさんいらっしゃいましたし。

これも地域差なんだろうな、と思います。

 

 

もし、流行の服をを追わずに、今まで持っている服をまた次の年も着ようと思っているなら。

 

 

 

クリーニングをしましょうね。

 

 

 

洗わないで着るなんて言語道断、物によってはよく無事でいましたね、とびっくりするレベルの話です。

洗わないでしまってくと、カビや虫食いの起こる可能性がぐんと上がります。

いい服になればなるほど、虫にやられる可能性が上がっていくので、定期的なクリーニングは必須なんです。

 

また、自分で洗っている人も、出来るならクリーニングに出すことをお勧めしたいです。

 

 

その理由は、水洗いはリスクがありすぎます。

下着や普段着などなら、そのリスクも受け入れられるんですけどね、いいものやアウターなどを水で洗うと色んなリスクが待っているんですよ。

 

一番は、暖かくなくなってしまう事。

洗っても膨らませられなかったり、仕上げられなかったりすると、一気にアウターの保温力が落ちてしまいます。

豆に自分で洗って、という方もたまにいらっしゃいますが、それって洗ってる気分で自己満足を感じているだけで、実際は暖かくなくなった服を毎日来ている、そんな人も実際にいらっしゃるんです。

 

 

もう一つ、形が崩れやすくなってしまうんですよ。

水で洗う利点は汚れ落ちがいいこと、なんです。

ご家庭で洗っても、水で洗うだけでそれなりに汚れが落ちてくれます。

しかし、反面、服の腰がなくなってしまい、形が崩れやすくなってしまいます。

 

 

洗ったら柔らかくなった、という人もいらっしゃいますが、それは柔らかくなったのではなくて、腰が抜けちゃったんです。

 

 

腰が抜けるとどうなるか?形を維持できなくなるので、見ていてヨレヨレに見えます。

格好悪いんですよね。

ブランドものだったりすると、ブランドが見せたい形ではなくなってしまうので、彼らはドライクリーニングを推奨してくるんです。

ドライクリーニングは形を維持したまま洗う事が出来ますから。

 

その他にも、服に変なしわが入ったりするので、しわが嫌な人はそれだけで着たくなくなるかもしれませんね。

 

 

誰も気づかないだろう・・・・・、と思っているのは自分だけです。

うっすらとした汚れははっきりと気付かなくても皆さん何となく気づいてます。

 

汚い?って。

 

 

新しい服を買わずに、去年までの服を着るのでしたら、ちゃんとクリーニングしましょうね。

古い服でも洗ってきれば、新しい服と同じようにフレッシュに見えますから。

ぜひ、覚えておいてください。

 

 

今年一年お世話になりました。

来年も引き続き、コツコツと書いていこうと思います。

 

皆さん、よいお年を。

 

 

 


クリーニングの最低品質を考える。

皆さん、おはようございます。

今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

ちょっと難しい話になりますが、クリーニングの最低品質ってなんでしょう?

最低品質って、クリーニングに出したら最低この状態で返ってきてほしい、というものです。

クリーニング屋さんに聞いて回ったことがあります。

返ってきた答えはこちら。

 

 

白くするのが当たり前でしょう!

難しいしみ抜きの手前までは当たり前に。

汗は当然落とすものだよね。

 

クリーニング屋さんらしい答えです。

クリーニングの仕事は汚れを落とすことですから、当然どこまでは当たり前のように落とす、という所に基準を持っている人が結構いらっしゃいます。

 

 

最低品質を、別の言葉に言い換えたら。

これ以下の品質では返さないでね、という言葉になると思うんですね。

すると、また答えが変わってくると思うんですよ。

 

 

僕の考えるクリーニングの最低品質とは。

 

 

預かった時と同じ状態が最低品質だと思うんですね。

 

 

それではクリーニングの仕事をしていないじゃん!とおしかりの言葉を受けるかもしれません。

そうではないんですよ。本当の最低品質は、現状のままお返しすることだと思うんですね。

 

 

何事もなくきれいになってくれるのが一番です。

でも、実際はそうでない事がよくあるようですね。

クリーニングに出したらおかしくなって返ってきた、そういう話を耳にすることがあります。

ボタンが欠けて返ってきた、表面がおかしくなった、風合いがおかしくなった。

 

これって、元の状態ではなくなっている、という事なんです。

 

汚れは落としてほしいですが、衣類そのものは壊してほしくはないんですよね。

すると、汚れを落とすことと、衣類を壊さない事を、どちらが優先かな?と考えると、衣類を壊さない事だと思うんですよ。

 

衣類が壊れていなければ、別のクリーニング屋さんで試してみる事が出来ます。

他のクリーニング屋さんならきれいにする事が出来るかもしれません。

 

 

衣類を壊さず返ってくるのはどこのクリーニング屋でも当たり前、汚れ落ちは各お店の腕の見せ所。

どうやってきれいにするか?がクリーニング屋の勝負するところですから。

 

だから、現状のまま帰ってくるのが最低品質だと思うんですね。

 

だからと言って本当にどうしようもないときの判断で、普通は汚れを落として返すんですが・・・・・。

 

 

今までは、壊さないで返す、というのが非常に難易度の高い要求だったんですね。

高度なクリーニングの知識を必要とし、色んな衣類を扱った経験を持ち、それでも事故が起きてしまう事がありました。

その理由の一つiに、取扱い表示がクリーニングに対応していなかった、という事があります。

今までの表示は、家庭洗濯についてのみ書かれていて、クリーニング店での処理は何も保障されていませんでした。

表示も適当で、信じてやったのに、というのがたくさんあったんですね。

 

 

それが変わっていきます。

 

 

12月1日から、衣類の取扱い表示が変わりました。

皆さん、ニュースやネットですでに見た方もいらっしゃると思います。

今までの表示と少し変わるんです。

でも、中身はかなり変わっていて、相当便利になっているんですね。

 

 

まず、クリーニングに対応!

これからは僕らも参考にして洗う事が出来ます。

 

さらに!製品でのテストをしたのちに表示を付けるので、表示通りに洗えば事故が起きない事を証明してくれています。

上限表示、と僕らはいっているんですが、ここまでの洗い方なら問題なく洗えますよ、というお墨付きの表示。

 

ね、便利でしょう?

 

 

これからはぐっと事故は減っていくと思います。

安心してクリーニングもご利用くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:商い・商売に対する姿勢


| 1/86PAGES | >>